【I-LENS/アイレンズ】アイスフロー ブラウン▷レポ装着画像

【I-LENS/アイレンズ】アイスフロー ブラウン▷レポ装着画像

カテゴリ:I-LENS/アイレンズ

■Ice Flow/アイス フロー■

Brown/ブラウン

PR

レンズスペック

card_travel▷商品ページ▷

  • 価格:2枚/1280円(※同度数)
  • 度数:±0.00〜-8.00
  • DIA:14.0mm
  • 着色直径:13.1mm
  • B.C:8.6
  • 含水率:38%±2%
  • 使用期間:1ヶ月

パッケージ画像

レンズ画像

0031裸眼

  • BC:8.8
  • 横幅:29mm
  • 縦幅:12mm
  • 白目:27mm
  • 黒目:11mm
  • 眼色:限りなく黒に近い焦茶
  • 特徴:三重瞼&老人環(若年環)+ドライアイ

装着画像

《蛍光灯》
《自然光》
《太陽光》

発色

★★★☆☆

オレンジイエロー系ブラウン✕水色という、私も初めてのカラーコンビ!
しかし全体の透明度が高いため、ガツンとした強さはありません。

しかし水色部分がブラウンと溶け合うことで、何とも不思議な色合いに。

私の目では、遠目からだとグレーっぽく見える時もありました。

フチはブラウンのサークルドットタイプ。
発色が落ち着いている上に柔らかなぼかしが効いているおかげで、フチなしに近い雰囲気。

グレーでは白っぽいカラーがうまく誤魔化してくれましたが、こちらはベースが淡い分、透明感が強く出るので透けやすく感じました。

大きさ

★★☆☆☆

着色直径13.1mm。
フチの主張が弱いせいか、数字よりも小さめに感じました。

わたしくらいのこめめでも、黄金比に収まるサイズ。
しかし透明度が高いとはいえ、オレンジイエローと水色がしっかり発色するので、目のサイズ問わずメイク推奨です。

装着感

★★★★☆

レンズは適度な厚みとハリがあり、形で裏表を見分けやすいタイプ。
レンズの表(装着して外側になる方)には『ICK』の文字がプリントされているもののかなり小さいため、こっちで見分けるのは大変かも?

BCが異なる私の目にも難なくフィットし、一日快適に過ごせました。

※着け心地は個人差が大きいので参考程度にね!

ナチュラル

★★☆☆☆

ナチュラルカラー代表のブラウンではありますが、水色の効果でグレーっぽい発色をするのでナチュラル向きではありません。

色素薄い系+αで個性が凝らされたレンズといった感じかな?

無理してナチュラル用にせず、オフ用にしておくのがベストかと思います。

㊧レンズ無/㊨レンズ有

《蛍光灯》
《自然光》
《太陽光》

㊤裸眼/㊦レンズ着用(+メイク)

㊤両目裸眼/㊦両目レンズ着用(+メイク)

比較

㊨アイスフロー グレー/㊧アイスフロー ブラウン

同シリーズの色違い【アイスフロー グレー】と比較してみました。

同デザインなのですが、発色に大きな違いがあります。

【アイスフロー ブラウン】
▷▷▷《オレンジイエロー✕ブルーのコンビで、柔らかにグレーがかった発色》

【アイスフロー グレー】
▷▷▷《ヘーゼルグレー✕ブルーのコンビで、白みがかったクリアな発色》

またブラウンの方が透明感が強く、グレーの方が立体感が強いように感じました。

個人的な感想になりますが、参考にしていただけると嬉しいです♡

総評

★★★★★

グレーはかなり発色強めでしたが、今回ご紹介したブラウンは発色以上にうるっとした透明感が強め。

オレンジイエロー系のブラウンに水色を添えることで、ブラウンともグレーともつかない不思議なカラーとなります。

この複雑な色味、本当に体感してほしい……!

また《マンスリータイプ 2枚/1280円》とお財布に優しいプチプラですので、グレーと合わせて是非色ち買いしていただきたいレンズです♪

0031的なりたい瞳別おすすめ系統

★★★★★

透明感のあるうるうる系レンズがお好きな方

★★★★★

色素薄い系に+αで一癖が加わったカラコンをお求めの方

★★★★★★★★★★

オレンジイエロー✕ブルーなんて見たことない!
でも奇抜なカラコンは使いどころに困る……
個性的な配色でも違和感なく普段使いできるカラコンを求む!!

…………という我が同志

°。+こちらから購入できます+。°

✨Ice Flow/アイス フロー✨全2色✨


°。+アイレンズさんはこちら+。°

wp-1461475644881.jpeg

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

Follow

国内ブランド

韓国ショップ

Tag

同じカテゴリの記事