【プラスモード ワンデー オム】ビジネス▷レポ装着画像

【プラスモード ワンデー オム】ビジネス▷レポ装着画像

カテゴリ:Plus Mode 1day Homme/プラスモード ワンデー オム

■SEED Plus Mode 1day Homme/シード プラスモード ワンデー オム■

Business/ビジネス

💎福士蒼汰さんイメージモデル💎

盛れるカラコンといったらやはり黒コン!
ということで今回は、デザインに技ありなブラックレンズをレポ&レビューいたします♪

PR

レンズスペック

card_travel▷商品ページ▷

  • 価格:10枚/1512円
  • 度数:±0.00〜-10.00
  • DIA:14.0mm
  • 着色直径:13.5mm
  • B.C:8.7
  • 含水率:38%
  • 中心厚:0.05mm(※-3.00D)
  • 使用期間:1日

パッケージ画像

レンズ画像

0031裸眼

  • BC:8.8
  • 横幅:29mm
  • 縦幅:12mm
  • 白目:27mm
  • 黒目:11mm
  • 眼色:限りなく黒に近い焦茶
  • 特徴:三重瞼&老人環(若年環)+ドライアイ

装着画像

《蛍光灯》

《自然光》

《太陽光》

発色

★★☆☆☆

暗め裸眼の私でも、しっかりバッチリ正統派ブラックに。

内側の繊細なドット着色のおかげで、瞳との境目がわからないくらい馴染みました。
明るめ裸眼さんなら、元の瞳との色の差でもっとちゅるんとした立体感が生まれそうです。

レンズ最大の特徴は、 フチ内側に描かれた渦巻き模様。
人と話す距離からだとそれほど目立ちませんが、目を動かすとチラリと覗いて光が入ったように見えます。

キラッというよりはギラッという鋭い感じなのが、ちょっと個性的!
小動物的な黒コンの可愛さにエッジが効いた独特の雰囲気があります。

大きさ

★★★★☆

着色直径13.5mm。ブラックカラーとぼかしなしのフチの効果で、数字以上の目力を感じました!

私くらいのこめめでは黄金比乗り越え飛び越え、すっぴんだと白目の存在感危うし。

数字では黄金比内の方も、バランスを見てメイクすることをオススメします。

装着感

★★★★★

レンズは薄くて柔らかく、へニョつきがち。
水分を払っても沈みやすいので、初心者さんはちょいと苦労するかも?

BCが近く薄めレンズが大好物の私の目には、快適も快適、超快適!
流石はシード、着けていることを忘れるほどの心地良さでした!!

※着け心地は個人差が大きいので参考程度にね!

ナチュラル

★☆☆☆☆

黒コンはやはりナチュラル度低め。
暗め裸眼の私でも、どうにもこうにもカラコンしてます感が拭えません。

ぼかしフチではないしチラリと個性香るし、ナチュラルカラー限定でカラコン解禁されている環境ではOKでも裸眼詐欺は無理そう。

なのでバレては困る状況では控え、バレても構わぬ!バレなど恐れぬ!バレようが盛りたい!という時に使用しましょう。

㊧レンズ無/㊨レンズ有

《蛍光灯》

《自然光》

《太陽光》

㊤裸眼/㊦レンズ着用(+メイク)

㊤両目裸眼/㊦両目レンズ着用(+メイク)

総評

★★★★★

ブランド名に『オム』という言葉が入っていることからもわかるように、メンズ向けに作られたレンズ。

しかし女性でも全然使用OK!

『黒コン=守ってあげたい小動物系アイズ』というイメージではありますが、黒コン特有の目力アップによる可愛さに加え、凛としたカッコ良さが香ります。

逆にメンズが使うとなると、日常的にメイクされる方以外では目が大きくないとレンズ名のようにビジネスの場で使用するのは難しそうかな……と思いました💦

《10枚 1512円》とワンデーの中でもプチプラなだけでなく、《UVカット機能付き》とデイリーユースに嬉しい特典が盛り沢山。

実は私にとって『誰にも教えたくない独り占めしたい穴場的レンズ』の一つだったりします♡

0031的なりたい瞳別おすすめ系統

★★★★★

サイズ以上に盛れる黒コンをお求めの方

★★★★★

黒コンならではの可愛さの中に、チラリとカッコ良さをプラスしたい方

★★★★★★★★★★

黒コン好きだけど、どれも似たりよったりなイメージがあって周りと丸被りしてる気がする……
似たような感じに見えるからこそ、キラリと個性が輝く黒コンが欲しいのだ!!

…………という我が同志

°。+こちらから購入できます+。°

✨SEED Plus Mode 1day Homme✨シード プラスモード ワンデー オム✨
✨SEED Plus Mode 1day Homme✨シード プラスモード ワンデー オム✨

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

Follow

国内ブランド

韓国ショップ

Tag

同じカテゴリの記事