【ジーヴル トーキョー】トゥルーヘーゼル▷レポ装着画像

【ジーヴル トーキョー】トゥルーヘーゼル▷レポ装着画像

カテゴリ:GIVRE TOKYO/ジーヴル トーキョー

■GIVRE TOKYO/ジーヴル トーキョー■

TRUE HAZEL/トゥルーヘーゼル

thum_640x640102.jpg

💎黒木メイサさんイメージモデル💎

今回は【ジーヴル トーキョー】の中でも一番ナチュラル!大人っぽく優しい瞳を演出できるブラウン系レンズをレポ&レビューいたします♪

PR

レンズスペック

card_travel▷商品ページ▷

  • 価格:10枚/1944円|30枚/4104円
  • 度数:±0.00〜-10.00
  • DIA:14.1mm
  • 着色直径:13.2mm
  • B.C:8.6
  • 含水率:38.5%
  • 中心厚:0.06mm
  • 使用期間:1日

パッケージ画像

img_20160801_142642.jpg

レンズ画像

img_20160801_160742_20160803024129673.jpg

0031裸眼

wp-1465997672247.jpg

  • BC:8.8
  • 横幅:29mm
  • 縦幅:12mm
  • 白目:27mm
  • 黒目:11mm
  • 眼色:限りなく黒に近い焦茶
  • 特徴:三重瞼&老人環(若年環)+ドライアイ

装着画像

《蛍光灯》

pixlr_20160805185006538.jpg

《自然光》

pixlr_20160805185053769.jpg

《太陽光》

pixlr_20160805185132186.jpg

発色

★★☆☆☆

ベースは明るめのブラウンカラー。
赤みはなく、どちらかというとやや黄み寄りかな?

細かなドット着色のおかげで、暗め裸眼でも柔らかく馴染みます。

中心は更に明るめのブラウンベージュ。

中心といっても瞳孔周りと呼ぶほど開口部が狭くない上に、こちらのドットも素晴らしく繊細なので、瞳の内側にふんわり優しいハイライトを添えてくれます。

この控えめなハイライトこそが、ツヤ感と立体感の秘密。

ウルウル&ツヤツヤとまではいかない、まるでヴェールをまとったような上品な質感を作るのです!

フチはナチュラル系には欠かせないドットフチ……というよりレンズ全体がドット構成のため、その延長でフチもドットになっているといった方が正しいかな?

ぼかしすぎると逆にわざとらしくなるという諸刃の剣でもあるドットフチ、しかしこちらのレンズはわざとらしさなんてまるでナッシング!

NO★ぼかしてます感、YES★さりげなぼかし感で、あざとくなりません。

またミニ黒目の私は透けとまではいかないものの、白目部分にかかるベースのブラウンが明るめに発色。

茶目さんなら問題なさそうですが、黒目さんは裸眼とのカラー差がやや気になるかもしれません。

大きさ

★★☆☆☆

着色直径13.2mm。
前にご紹介させていただいた同シリーズ『オリエンタルミスト』と『アンバーブラウン』より0.2mm小さいサイズとなっています。

ただ……これは個人的な感覚なのですが、『オリエンタルミスト』と『アンバーブラウン』はフチがドットでぼかされているためか数字より小さく感じ、こちらの『トゥルーブラウン』は暗め裸眼だと外側に向けて明るくなっているためか数字より大きく感じました。

後半に比較画像を載せますので、皆様自身の目でサイズ感を掴んでいただけたら、と思います。

装着感

★★★★★

レンズは『オリエンタルミスト』と『アンバーブラウン』同様、薄くて柔らかく、形を保ちにくいタイプです。

おかげでBCが違う私でもバッチリグッド、略してバッチグーの快適な着け心地でした。

※着け心地は個人差が大きいので参考程度にね!

ナチュラル

★★★☆☆

私のように暗め裸眼ですと、やはりレンズカラーが明るすぎて裸眼詐欺は不可能。

普段使いするにも、厳しい環境では見咎められてしまうこともあるかもやも?

明るめ裸眼さんならもっと馴染みそうですが、暗め裸眼さんは要注意!

ナチュラル系であってもカラコンはカラコン。

絶対にバレてはいけない、バレたらデデーン!アウト〜!!からの罰ゲームのようなシーンでは控えましょう。

使う時、場所、場合、相手を考えて、明るく楽しく健やかな愛あるアイライフを☆(*・∀-)b

㊧レンズ無/㊨レンズ有

《蛍光灯》

pixlr_20160805184507846.jpg

《自然光》

pixlr_20160805184558374.jpg

《太陽光》

pixlr_20160805184641487.jpg

㊤裸眼/㊦レンズ着用(+メイク)

pixlr_20160805185441523.jpg

㊤両目裸眼/㊦両目レンズ着用(+メイク)

pixlr_20160805185839179.jpg

比較

㊤トゥルーヘーゼル/㊦アンバーブラウン

pixlr_20160805191309703.jpg

pixlr_20160805191752289.jpg

pixlr_20160805010755079_20160805191927238.jpg

サイズを計測したところ、【アンバーブラウン】の方が大きかったのですが…………やはり、視覚的には【トゥルーヘーゼル】の方が大きめに見えますね〜。

とはいえ、こめめもギリすっぴんOKのサイズ感、かな?

個人的に、サイズが小さめに見えても【アンバーブラウン】の方が華やかな印象です。

総評

★★★★☆

ナチュラル系ではあるけれども、ちゃんと変化が楽しめるレンズです。

特に私のような暗黒系の瞳の方は、『きつく見られる』『目付きが悪い』『生気が伝わらない』『眼差しがもはや虚無』などという悩みが多いのではないかな?

そんな悩み辛み悲しみ、一切解決★
このレンズを装着するだけで、『ふわうるツヤ感』『柔らかな優しさ』『品のある可愛さ』が瞳に宿ります!

実は、こういったふわぁんと淡いカラーのレンズって苦手だったんですけれど…………このレンズで一気に開眼しました!!

裸眼より明るめの透明感あるタイプのレンズは『充血してる…?』と勘違いされやすくて困っていたのですが、こちらのレンズは赤みが抑えられているため、その心配もありません。

また赤みがないおかげでガーリーに傾かないので、結構ええ年いってる私でも合わせるメイクに悩まず、すんなり似合わせることができるんです♡

年齢問わず、どんな方にも似合うというのが最大の魅力だと感じました。

【GIVLE TOKYO/ジーヴル トーキョー】は全3色。

カラコンジプシーの私が久々にフルコンプリートしたほど、どのレンズにもそれぞれの魅力が詰まっております。

良かったら皆様も、是非お試し下さい♪

レポ装着画像まとめ



0031的なりたい瞳別おすすめ系統

★★★★★

ほんのり明るいブラウンで優しい印象の瞳になりたい方

★★★★★

ナチュラル+α、その中でも控えめな質感での変化をお求めの方

★★★★★★★★★★

裸眼より明るめのナチュラルレンズなんて邪道!
ナチュラルレンズは裸眼に合わせてこそ成立する!
…………と強がってはいたけれど、本当は充血感も若ぶってる感もなく、大人の余裕溢れる魅力をさらりと醸し出せるレンズが欲しかったんじゃ…!とっても欲しいんじゃ…!!

――という、我が同志

°。+こちらから購入できます+。°

✨GIVRE TOKYO/ジーヴル トーキョー✨ワンデータイプ✨

▷2週間使い捨てタイプはこちら▷

✨GIVRE TOKYO/ジーヴル トーキョー✨2WEEK/2ウィーク✨

Share

この記事が役にたてばシェアして下さいpublic

Tag

Comment

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

前の記事
次の記事

Follow

国内ブランド

韓国ショップ

Tag

同じカテゴリの記事